スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
REACTmagazine-GAME OF S.H.R.E.D-
IMG_3023.jpg
Tomo,me and kabe-chan、DRUNKARD
IMG_3025.jpg
DJ Takamix a.k.a.BAKANAL ceo
IMG_3034.jpg

IMG_3035.jpg
Hajime judged."count"or"doesn't count"
IMG_3043.jpg
I met Mc Racchi after a long time.
IMG_3047.jpg

IMG_3054.jpg
Tomo win.He got \50000.

REACT MAGZINEのイベント「GAME OF SHRED」に遊びに行ってきた。

予選は、全員で5TRICK中どんだけメイク(COUNT)出来るかで勝負。

1.50-50 (b/s or f/s)
2.f/s bordslide
3.b/s boardslide
4.lipslide (b/s or f/s)
5.nosepress or 5-0 (b/s or f/s)

タップなし、ドライブなしで、板は、縦か横かのみ。
プレスは少しでも板が付くとアウト(DOESN'T COUNT)。
もちろん多く出来た人(カウント数の多い人)は勝ち上がり。

そして12人が決勝へ進出。
自分もなんとか予選は通過。

そして、決勝のルールは、スケートゲームと同じ要領。
親を決めて親とおんなじ技をする。
自分の持ち点は5点。そう「S.H.R.E.D」の5文字。
SHREDの文字がなくなると終了。
いかに自分が上手く親の真似をし、
親になると相手が出来ない技を繰り出し、
生き残れるかがこのゲーム。
めちゃめちゃシンプルなルールだけどこれがまた面白い。

AとBに分けてそこからまた2人ずつの勝ち上がり。
3人にまで残ったけど、
トモと壁ちゃんのダブル攻撃に撃沈。

そして、最後は
関智春(トモ) VS タグケンさん。
相当、競り合っていたが、最後は
NOLLIE HARDWAY B270 IN でトモが優勝!

ほんまこのGAME OF SHRED楽しかった。
SKATEではよくやってたけどSNOWBOARDでやったのは
意外と初めてでこんなおもろいと思わんかった。
やった事ない技とかようさんあったし、今日で絶対上手なった。
どんどんやったほうがええわ。

またREACT magazineの方でもアップすると思うのでCHECK OUT THIS.

参加ライダー
ゆーたろう(FORUM)、CAME@hizzle, そら(CAPITA),関トモ、イサオ、かべちゃん(iFOUND),
MA$AKI(Gilaffe), 阿蘇唯くん(iFOUND)、タグケンランド、バニラボールさんなどなど
[2010/05/09 02:11] | Contest | コメント(1) | page top
<<dmk インタビュー | ホーム | Drop in Morioka >>
コメント
面白いルールですねッ★見たかったです★私ジブは全然練習してなくて全然出来ないので(TT)ロッキーさん溝キャンプしてください!!
[2010/05/09 12:48] URL | のん茶 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。