スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
How to do a B180

How to do a B180 from Ishihara Hiroki aka ROCKY on Vimeo.

-How to do a B180-
今日はbackside180
まずは、グランドでやってみましょう。
少しトゥに乗って肩をbackside側にまわしながら、トゥでollieをする。
フロントターンのトゥエッヂでのターン時にやるとやりやすい。

このグランドでの180をマスターできたら、ポコジャンでTRYしてみよう
ポコジャンでも同じ要領で。
ほんとに少しトゥぎみに乗って、板がシッカリ、リップを抜けるまで、待って、
そこからトゥでOLLIEする。
このとき、前の肩を2時の方向ぐらいに向いてOLLIEする。
そして、足をシッカリ胸に近付ける。
空中は、足の下からランディングが来るのを待つ。
そして、ランディングをシッカリみて、スイッチでドッシリと着地する。
スイッチのフリーランの練習もしておいた方が着地が踏ん張りやすく、成功しやすくなります。

ポコジャンが完璧にできるようになると、next stageは、もう少し大きなキッカー。
大きいキッカーでは、
キッカーから抜く時も、あまりトウにも乗らずほんとにフラット気味で抜く。
回転の肩の入れ方も、もっとゆっくり。
まっすぐ抜いてから、目線でまわして行く感じ。


あとは
いろんなところでTRYして、どこでも出来るようにしようして、自分の180の感覚をつかもう。


HAVE A GOOD DAY ♪

スポンサーサイト
[2009/02/12 21:00] | How to | page top
How to do a Ollie
今日からじわじわとHOW TO 画像のっけていきたいとおもいます。
まずは、基本の基本「OLLIE」です。

how to ollie from Ishihara Hiroki aka ROCKY on Vimeo.

OLLIEは、すべての基本であり、すべての滑り、技に必要となってくるので
覚えておくべきTRICKのひとつです。
OLLIEは簡単にゆえば、ジャンプです。
でも、普通の両足ジャンプではなく、板のしなり、反発を使ったスノーボードならではのTRICKです。

-HOW TO-

滑ってるときスムーズに「OLLIE」ができるようにするには
まず、その場でのオーリーの練習が必要です。

まっすぐ下にしゃがんで、テールを踏み込み、そのしなりからの反発を利用して
思いっきり上に飛び上がります。
そして、レギュラーなら右足をしっかり胸にひきつけ、板を空中で水平に保ち
その後はしっかり両足で着地します。

このとき大事なのが、板がどのくらいで反発してかえってくるかを、体で覚えることです。

グランドで出来るようになると、ポコジャンや、ちいさなコブなどで、トライしてみてください。
それが出来るようになると、障害物など飛んでみると、自分のスキルUPに気がつくはずです。

初めはなかなかむずかしいですが、OLLIEが出来ると遊びが何倍にも広がります。
FREERUNの中でどこでもOLLIEをしてみて、いろんな地形を楽しみましょう♪♪♪

YOU CAN DO IT.






[2009/02/07 00:42] | How to | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。